読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒猫のひとりごと

日々思ったこと、感じたことを吐き出します。わっしょい。

未知の乗り物「ケッタマシーン」

名古屋弁のお話が残っていたので、続き。
前回までのお話。
放課と釣り
ちんちん

未知の乗り物

愛知に転校し、友達もでき、放課後最初に遊ぶ時にこう言われた。
「ケッタに乗って、学校に集合ね。」

ケッタ・・・?

f:id:blackcatdelta:20131008100337p:plain

この土地には自分の知らない乗り物がある!

このままでは仲間外れだ。恐る恐るケッタってどんな乗り物かを聞く。

自分「ケッタ、持っていないんだけど。ケッタって何?」

友達「えーケッタマシーン、持ってないの!?」

f:id:blackcatdelta:20131008100420p:plain

マシンなの!?乗りたい!※小学生のイメージです。

一応、話が進むにつれて自転車であることが分かった。
引っ越す前、神奈川に住んできた時は、「チャリ」という言葉を使っていたのだが、愛知でも「チャリ」は通じた。
子供心ながら「統一しろよ」と思った。

今でこそ、県民性や方言を取り扱うTV番組があったり、ネットがあったりでケッタが何を指すのかは知っている人が多い。
しかし、20年以上前の当時、神奈川では聞いたこともなかった。
そもそも方言という存在を、目の当たりにしたのが初めてであった。


愛知で暮らして、ほぼ20年。
未だにケッタマシーンという言葉を聞くと、ワクワクする自分がいます。