読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒猫のひとりごと

日々思ったこと、感じたことを吐き出します。わっしょい。

MacでUSキーボードは使うべきでないたった一つの理由

Mac Mini買いました。
今までJISキーボード使っていたんだけど、
「かっこいい感じ」
「キー配置が直感的」

みたいな理由で、USキーボードを買って使ってみました。

f:id:blackcatdelta:20131120225825j:plain

結論は、USキーボードは使うべきでない
自分がMacでUSキーボードは使うべきでないと思った理由は、
「日本で暮らしているから」

JISキーボードがあふれている日本で、わざわざ使うUSキーボードは使う必要なし。

そんなこと買う前に気づけよ!と言われるかもしれませんが・・・
他のキーボード使ったら、頭が切り替わらずタイプミスの連続。
前のWindowsPCがろくに使えない・・・

自宅でも会社でもUSキーボードとか
マイキーボード持ち歩いているとか
将来アメリカで暮らすとか

なら別ですが・・・
そうでなければ、困ることの方が多いと思います。

直感的なキー配置が必要か?

ぱっと見たしかに、直感的に分かりやすい配置。

  • 「'」と「"」、「;」と「:」などの似ている記号が同じキーに割り当てられている。
  • 括弧が横並びの配列になっている。

だけど、もうJISキーボードに慣れているならば、直感的に分かりやすいなんて必要ない。
「直感的」って「目で見る分かりやすい」のであって、それこそ慣れの問題だと思いました。

ただ、外人の書くプログラムが「"」ではなく「'」が多い理由が分かりました。
「'」はShiftキーなしで入力できるんですね。

記号キーが打ちやすいか?

ちょと慣れてから、プログラムするときに使ってみましたが、そうでもなかった気がします。
「記号キーが直感的に並んでいる=打ちやすさ」ではないと思います。
大体、エディタの補完機能使いますし・・・



結局、USキーボードに慣れ始めたぐらいで、JISキーボードの買い直し。
JISキーボードに頭が戻るのに3日くらいかかりました・・・

他のキーボード使う機会があるならば、JISキーボード一択だと思います。