読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒猫のひとりごと

日々思ったこと、感じたことを吐き出します。わっしょい。

昔、木を炎上させた話

今から20年ぐらいの今頃、木を炎上させた。
小学校の新学期が始まる直前、神奈川から愛知へ引っ越してきた。
マンションから一戸建てへの引っ越しだったので、庭があるのが嬉しかった。
引っ越し作業が終わりお昼を食べた後で、庭で遊ぼうとしていた。

f:id:blackcatdelta:20140329133232j:plain

庭のど真ん中には、一本だけハワイアンな感じの木があった。
この種類の木だったかは覚えていないが、こんな感じの木。

f:id:blackcatdelta:20140329133557j:plain

おそらく「シュロ」という木である。
その木の回りにもじゃもじゃの繊維が生えている。



今思えば、アホに手足が生えたような小学生。
この繊維に火をつけるとどうなるんだろう?と疑問が沸いた。
火がついても叩けば消えると軽い気持ちであった。
おもむろに、持っていたライターでもじゃもじゃの繊維に火をつけた。



炎上。

BlogやTwitterなんてものはない時代。
自分が人生で初めて目の当たりにした炎上である。

思った以上の早さで燃え上がった。
人間というのはある程度、結果を予測してから行動するものである。
自分もこの時、予測はしていた。
しかし、自分の予想の4、5倍ははやく燃え上がっていた。
自分の予想を大きく超える出来事にであると、対応しきれずフリーズする。

炎が木の7,8合目に達したとき、我に返り母親を呼ぶ事にする。
「おかーさん、おかーさん、木が燃えた」
正確には「木を燃やした」だが、さらっとありがちな嘘をついた。

引っ越し後の片付け中である母親は2階から顔を出したが、
どうやら白昼堂々をお日様の下で燃える火は見えないようである。
自分の子供が何を言っているのかわからないようである。
しかし、必死な子供の姿を察したのか、母親が降りてきた。

母親が降りてくるまでの間、お日様の下で炎上する木を見つめていた。
シュールな光景。

母親が木の近くに来た時には、もう燃えているかも分からないぐらい燃え尽きていた。
煙がでていたので、念のため母親がホースで水をかけて鎮火してくれた。

その後、経緯を説明し謝る。
母親はなぜかあまり怒らなかったので不思議だった。
今思えば炎上する場面を間近で見て、自分がうなだれていたので、多くは言わなかったのかもしれない。仕事から帰ってきた父親はなぜか笑っていた。


木の周りの繊維が燃えただけのようなので、その後も木は成長していた。


しかし、庭のど真ん中に一本だけある木。2年後に、邪魔なので父親が切り倒した。
切り倒す時に手伝ったが
炎上させた上に切り倒すなんて・・・
っと少し申し訳ない気持ちになったことは覚えている。


周りに何も燃えるものがなく、他に被害がなかったことは不幸中の幸いである。
他にもこんなバカなことする奴いるのか?と調べたら、バーナーで除草中に燃え移ったなど結構あるようである。

まとめ

・火を扱う際は、周りに着火しやすいものがないことを確認
・アホにはライターを持たせてはいけない
ごめんなさい

スドー メダカのシュロ産卵床 大

スドー メダカのシュロ産卵床 大