読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒猫のひとりごと

日々思ったこと、感じたことを吐き出します。わっしょい。

ストレスになる考え方を変えたい時にオススメする一冊

ストレスがたまっている人、うつ状態になった人、周りにそういう人がいる人にもオススメな一冊。

ストレスになる考え方を変えるための、認知行動療法が事例を通して学べる本を紹介。認知行動療法でいい本はいくつかあるけど、最初に一冊だけオススメするならどれにするか?と聞かれたらコレ。

ケアする人も楽になる 認知行動療法入門 BOOK1

ケアする人も楽になる 認知行動療法入門 BOOK1


こんな人にオススメ
・認知行動療法を学びたい人(Book1)
・相性が悪い人との付き合いかたに悩んでいる人(Book1)
・無能な同僚・上司・部下に腹が立って仕方がない人(Book2)
・キレる上司のいる職場に恐怖を感じる人(Book2)
・精神的に不安定な知人とのかかわり方に悩む人(Book2)

対象者が少し限定的であるが、これには理由がある。
この本は、事例にそって、認知行動療法の説明がされている。
この、事例がよく書かれているため、事例に合った人が読むと、自分が本の中にいると錯覚するほどである。認知行動療法を学びたい人にはもちろんだが、事例に合った人に是非読んでいただきたいためである。

この本は、ナース向けに書かれているため、あまり一般的ではないかもしれない。しかし、仕事の悩みはナースであろうが、そうでなかろうが本質的には同じ。仕事での多くの悩みが対人関係である。そのため、ナースでない人が読んでもしっくりくる内容になっている。

すばらしい点
まずは、すごく簡単に書かれており、かわいいイラストも合わせてとにかく読みやすい。ありがちな抽象的な話はほとんどなく、具体例な話が多い。考え方ではなく、やり方が事例に合わせてしっかり書かれているため、考え方を導く手段がかかれている。誰にでもあるような事例を通して、ツールと使い方を紹介することで自然に本に入っていける。

最初はこのBook1だけを買って、事例にあてはまるならBook2の購入がオススメ。

ケアする人も楽になる 認知行動療法入門 BOOK2

ケアする人も楽になる 認知行動療法入門 BOOK2