読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒猫のひとりごと

日々思ったこと、感じたことを吐き出します。わっしょい。

YAMADA電機に行ったら懐かしい気持ちになった

Mac用にマウスを買おうかなと思ったので、YAMADA電機に行った。
3月の決算セールなのか、増税前なのかは分からないが、店員(販売員)さんのマークがいつもより厳しかった。
商品に、近づこうものなら、ここぞとばかりに寄ってくる。

f:id:blackcatdelta:20140325190934j:plain

店員さんに商品について聞くこともあるので、普段はありがたい存在である。
しかし、今はマウスを触り、使用感を確認したいだけなのだ。

左側の男性店員さんが声かけしたそうにしているので、
「今は近づくなオーラ」を出しつつ、マウスを触った。

しかし、違う販売員さんが、近づき、右側に立っていた。
そう、右側はノーマークだったのだ。
今考えると、左側の店員さんは囮だったのかもしれない。

再会?

右から近づいてきた店員さんは女性だった。
まだ若く、背が小さめで、髪を後ろで縛っている。
おそらく応援販売の方なのだろう、制服が違っていた。
女性は新人さんなのか、プロなのか、分からないが、すてきな笑顔を見せてくる。

そして、こう言った。
『何かお探しですか?』

・・・あれ?
昔、この人とどっかであったことがある気がする。

それになんだろう?この感じ。
このタイミングで現れては欲しくないんだけど、自分にできることがないか、一生懸命な感じ。
そして、相談したところで解決しないだろうなーと思わせる感じ。

数秒考える・・・そして、ご機嫌なサウンドと共に思い出した。





f:id:blackcatdelta:20140325162145p:plain


あぁ、コレか。
ごめん、人違いだ。

台詞は違うものの、雰囲気は間違いなくこれだった。
『マウスの使用感を確かめたいだけです。』とはっきり言って、心の中で表示しないをクリックした。

結局マウスは買わなかったのだが、なんだか懐かしい人に会った気持ちで、ちょとだけ幸せな気分で帰り道についた。
そんな一日。

ヤマダ電機の暴走

ヤマダ電機の暴走